PRODUCT
マルチバンドイメージスキャナ

マルチバンド

任意の特定スペクトルで高精細な2次元画像を。

むらのない均一な照明で、試料をガラス面に置くだけで、焦点の合致した、再現性と画像品質の高い 画像を得ることができます。 光源(波長)の変更にも対応しており、成分分布解析、異物混入検知、文書分析・材料分析、品質管理などに最適です。

マルチバンドイメージスキャナ

MBS-5593【販売終了・レンタルのみ】

製品仕様書 特徴 資料請求 レンタルサービス 最新TWAIN

基本仕様

特徴

非破壊にて成分の分布を32μmで可視化するカメラ

狭帯域(Δλ=10nm)近赤外線波長での高精細2次元画像を得ることができます。
応用事例  (メロン糖度分布 脱脂綿水分) 定量的可視化
レンズ対応波長は、λ=500~1020nm(光学分解能保証は555~930nm)

階調 65,536階調、16bit の高S/N画像

ダイナミックレンジの広い専用の工業用カメラであっても階調性の要であるA/D変換素子のbit数は10~14bitの製品が殆どです。
MBS-5593は、16b itのA/D変換素子を搭載しています。
わずかな試料の『反射率/透過率のムラ』を画像により65536階調で捕らえ、定量的可視化を実現します。

A4サイズ全面にて総画素数は6400万画素

光学解像度:31.5 pixel/mm。32μm。800ppi
保証光学分解能: 8LP/mm CTF(MTF相当)にて、30%以上。 有効画素数は、A4全面にて、6800x9360[pixels]

自己キャリブーション機能を搭載

得られる階調データに対し、繰り返し再現性があります。
自己キャリブレーション機能により、光源の照明ムラ、光源寿命による照度低下、レンズの周辺減光、ラインセンサの画素毎の感度ムラなど階調バラツキの要因を自動校正します。
その結果、撮像に使用した照明系や光学系に依存しない、被写体の持つ 物理量に相関した値を、いつでも再現します。 また、有効取り込み範囲(A4)内の、いずれの場所でスキャンしても同じ結果を得ることができます。その結果、2次元画像の中の成分強度の僅かな差異を可視化することができます。

保存ファイル形式は汎用性の高いTIFFフォーマット

スキャン画像データは、画質劣化が無く、かつ汎用性の高い画像ファイル書式、TIFFファイルにて保存します。NIH のImageJや、Adobe社のPhotoshopを用いて、直ちに画像解析を行うことができます。

内蔵光学フィルタを自由に交換&自作可能

任意の波長を透過するフィルタを最大3種類設置可能です。
試料をスキャナに乗せたまま、フィルタを切り替え可能です。
フィルタ切り替えは本体に設けられたロータリースイッチにより行います。
ユーザーが干渉フィルタを自作可能です。※カスタマイズ参照。
オプションのフィルタフォルダを増やすことで試料をスキャナに乗せたままフィルタフォルダを交換可能です。※フィルタフォルダオプション参照。フィルタフォルダ交換の様子(写真)
その結果、3種以上の複数の波長にて、試料をスキャナに乗せたまま連続して2次元画像を取り込むことができます。

応用事例・サンプル画像

メロンの糖度分布解析

  • アンデスメロンとクインシーメロン

    アンデスメロンとクインシーメロン

  •  メロン糖度分布可視化画像(鉛直断面)

    メロン糖度分布可視化画像(鉛直断面)

  • メロンスキャン生画像(鉛直断面)

    メロンスキャン生画像(鉛直断面)

  • メロン糖度分布可視化画像(水平断面)

    メロン糖度分布可視化画像(水平断面)

  • メロンスキャン生画像(水平断面)

    メロンスキャン生画像(水平断面)

マルチバンドイメージスキャナMBS-5593を使って、メロン切断面の糖度分布を可視化しました。
【資料提供】
蔦様、杉山様 独立行政法人 食品総合研究所 (茨城県つくば市)

その他

脱脂綿に含まれる水分量の検量線の作成・・・など

発表論文

論文ダウンロードはこちら

導入実績

国内大手電気メーカー

販売元

アイメジャー株式会社 (iMeasure Inc.) 

開発者

開発担当者

アイメジャー株式会社 一ノ瀬修一

共同開発会社

埋蔵文化財サポートシステム

開発協力者(敬称略)

小川紋弘
独立行政法人食品総合研究所 蔦瑞樹、杉山純一(茨城県つくば市)