赤外線
紫外線蛍光
マルチバンド
正射投影
電気泳動ゲル用
写真計測用

スキャナ駆動ソフトウェア





products : 製品情報

●写真計測用イメージスキャナ [2016-9-8]更新

INDEX
 写真計測用イメージスキャナ PhotoDigitizer 【new】
 nanoDigitizer [製造終了]
 応用事例 特徴 技術資料 導入実績
 販売元

 


● 写真計測用イメージスキャナ PhotoDigitizer 【new】

| 製品仕様書 | サンプル画像 | 資料請求 | レンタル | 最新TWAIN | 取扱説明書 |



 ◇カタログ

 ◇基本仕様
  ○直角性: 90 ± 0.024 度 (degree 表記) (*1)
           ± 0.42 mrad (ラジアン表記
  ○副走査位置再現: ±5 pixel (*2)
  ○倍率: 主走査(310mm)方向:± 0.14 % (*3)
        副走査(437mm)方向:
± 0.03 % (*4)
  ○使用環境温度: 25 ± 5 ℃
  ○クロム蒸着マーカー(オプション)
        マーカー形成の位置精度 : ±15μm

        マーカー位置の計測精度 : ±3μm
  ○オンデマンド・シェーディング補正モデル名:201510A3のみ)
    ※標準は、スキャニング開始前に毎回実施。
  ○同時最大取り込み画素数:29,280x41,280 pixels(12億画素=1.2Gpixel)
  ○光学解像度:11μm。2,400ppi。
  ○階調:16bit In/16bit Out。65,536階調。
  ○イメージタイプ:Grayscale :8bit , 16bit, Color: 24bit Color, 48bit Color (*5)
  ○取込寸法(反射モード):310 ×437mm。A3ノビサイズ。
  ○取込寸法(透過モード):309 ×420mm。A3サイズ。
  ○外形寸法:656 ×458 ×158mm(反射モード)
  ○外形寸法:656 ×458 ×190mm(透過モード)
  ○インターフェイス:USB2.0

  *1) 254mm幅を光学解像度1200dpiにてスキャンし、直角方向のズレ量。
  *2) 光学解像度1200dpiにてスキャンし画像と実際のサンプルとの位置ズレ。
  *3) 使用環境温度は、25度±5度であること。
  *4) 副走査方向15インチを光学解像度1200dpiにてスキャンし算出。 5/18000=0.0278%
  *5) 48bit Color :ファイルサイズが4GBを超える場合は、保存書式(TIFF)の仕様により、48bitColorでの取り込みはできません。24bitColorに切り替えてご利用ください。

 ◇価格
 
  <写真計測用イメージスキャナ
PhotoDigitizer 反射モード>
   商品名/型番:PhotoDigitizer
   モデル名:201510A1
   価格:\1,620,000-(税別)※値上げしました。(2016年5月)

 <写真計測用イメージスキャナ
PhotoDigitizer 反射/透過モード>
   商品名/型番:PhotoDigitizer
   モデル名:201510A2
   価格:\1,940,000-(税別)※値上げしました。(2016年5月)

 <写真計測用イメージスキャナ
PhotoDigitizer 透過専用モード>
   商品名/型番:PhotoDigitizer
   モデル名:201510A3
   価格:\2,140,000-(税別)※値上げしました。(2016年5月)

※ 直角精度保証は専用スキャナ駆動アプリケーションソフトウェア
『 iMeasureScan_Pro 』 を用います。使用PCの条件はお問合せください。


 ◇オプション:
  Cr(クロム)蒸着プラテンガラス:初回追加料金 +¥1,850,000-(税別)
  Cr蒸着プラテンガラス:2枚目以降追加料金 +¥1,250,000-(税別)
※任意のパターンを蒸着可能です。
Cr蒸着パターン蒸着位置精度:±15μm
Cr蒸着パターン蒸着位置直交精度:±50 microrad(マイクロラジアン)
   Cr蒸着パターンの位置計測追加料金:+150,000-(税別)
※オプション追加料金の計算方法:

たとえば、PhotoDigitizer 反射モードにCr(クロム)蒸着プラテンガラス
およびCr蒸着パターンの位置計測を追加した場合、
、  価格:1,620,000 + 1,850,000 + 150,000 = \ 3,620,000-(税別)

 ◇納期
  注文を頂いてから 1.5ケ月以内。
   Cr(クロム)蒸着オプションは、4ヶ月以内。

◇応用事例
  ○印刷物の検査。マスクパターンの検査。
  ○網点フィルムの再スキャン。
  紙焼き図面の再入力スキャン。

◇特徴
1.直角性

   PhotoDigitizer の直角精度は ±0.024度です。(*1)
   
ラジアンにして、0.42mrad(ミリラジアン)

※254mm長さにおいて、その直角方向に1万分の4の比率だけ設計位置からズレる精度を意味します。具体的には、254 x 0.42 x 10 ^(-3) = 0.106 mm=106μmのズレです。
これは、10インチフィルムを1200dpiでスキャンした時の5画素分に相当します。

【参考データ】
市販されている既存のA3スキャナ(ES-10000G)の直交精度を計測しました。
結果は下記の通りでした。
1台目(s/n:FVR0002552) :90.076度 (
+0.076度)
2台目(s/n:FVR0000909):90.132度 (
+0.132度)
3台目(s/n:FVR0004921):90.185度 (
+0.185度)


2.倍率精度

    PhotoDigitizer の倍率精度は ±0.03 %です。
    ただし、主走査(310mm)方向は ± 0.14 %

使用環境温度: 25 ± 5 ℃ であること。
※副走査方向15インチを光学解像度1200dpiにてスキャン。 ±5画素以内とする。
   5/18000=0.0278%
※主走査方向10インチを光学解像度1200dpiにてスキャン。±17画素以内とする。
   17/12000=0.14%


【参考データ】
市販されている既存のA3スキャナ(ES-10000G)の倍率精度を計測しました。
s/n:FVR0000909
■環境温度 20℃
主走査(読み取り開始側)倍率:99.976% (−0.124%)
主走査(読み取り終端側)倍率:99.958% (−0.042%)
副走査(奥側)倍率:100.103%      (+0.103%)
副走査(手前側)倍率:100.081%    (+0.081%)

■環境温度 10℃
主走査(読み取り開始側)倍率:99.908% (−0.092%)
主走査(読み取り終端側)倍率:99.907% (−0.093%)
副走査(奥側)倍率:100.090%      (+0.090%)
副走査(手前側)倍率:100.046%    (+0.046%)

■環境温度 30℃
主走査(読み取り開始側)倍率:100.009% (+0.009%)
主走査(読み取り終端側)倍率:99.995%  (−0.005%)
副走査(奥側)倍率:100.102%       (+0.102%)
副走査(手前側)倍率:100.090%     (+0.090%)


3.ギガピクセル(10億画素)のスキャニング

PhotoDigitizerはフルスペック画像(GigaPixel)をスキャンします。

310x432mmの全域を 2400dpiスキャンしたときの画素数:

  29,280 pixel x 41,280 pixel = 1.2Gpixel (=12億画素)

※ただし、48bitカラーにてスキャンした場合、6億画素を超える画像は、
ファイル書式TIFFの仕様制限上限サイズの4GBを超えるため、48bitカラーでの画像取り込みに制限がかかります。ファイル容量が4GBを超える場合は、24bitカラーで画像取り込みをしてください。

【参考データ】
 ES-G11000に標準添付されているスキャナ駆動ソフトウェアEPSON Scanは、
 主走査が2万pixelを超える画像をスキャンできません。(2015.10.2現在)

4.ロールフィルム対応 (モデル名:201510A3のみ)

オンデマンド・シェーディング補正は、対応スキャン原稿の自由度を高める機能です。PhotoDigitizer には、透過率の校正のためにプラテンガラスの一定領域をサンプリングするシェーディング補正動作を、必要な時だけ実行できるオンデマンド・シェーディング補正機能があります。
通常のスキャナでは、シェーディング補正はスキャンごとに毎回強制実行されるためサンプリング領域に原稿をおいたままにできず、オーバーサイズ原稿の一連のスキャニング作業の妨げになっていました。
PhotoDigitizer は、連続スキャン時にシェーディング補正を強制実行しないことで、透過原稿ユニットの取付部(フタを空けて奥)以外の3方向全ての原稿設置制限を撤廃。オーバーサイズ原稿や航空写真のような、幅 618mm(2×309mm)までの無限長のロールフィルムもスキャンできるようになりました。
PhotoDigitizer(モデル名:201104A3のみ)のシェーディング補正は電源投入時に1 度自動的に行われ、その後は必要時にスイッチ操作にて手動で実行できます。

5.クロム蒸着オプション

全品の検査データのトレーサビリティを高めるために検査対象と一緒に位置精度の高いスケール(定規)をスキャンしておきたい。そんなご要望にも対応可能です。
寸法精度±15μmのクロム蒸着マークをプラテンガラスに付けることができます。また、クロム蒸着マークの位置計測データシートを納品可能です。計測精度は±3μmです。

このページのトップへ


 


 ◇販売開始
  2015年10月2日

 


● 写真計測用イメージスキャナ nanoDigitizer 【製造終了】

| 最新TWAIN|



 ◇カタログ

 ◇基本仕様
  ○直交精度: 納品時 90 ± 0.005 度 (degree 表記)
           ± 87 microrad (ラジアン表記
  ○倍率精度: 副走査(437mm)方向:± 0.02 %
           主走査(310mm)方向:± 0.05 %(ただし、使用温度範囲△10℃)
  ○クロム蒸着マーカー(オプション)
   マーカー形成の位置精度 : ±15μm
   マーカー位置の計測精度 : ±3μm
  ○オンデマンド・シェーディング補正(オプション)
   ※標準は、スキャニング開始前に毎回実施。
  ○同時最大取り込み画素数:29,280x41,280 pixels(12億画素=1.2Gpixel)
  ○光学解像度:11μm。2,400ppi。
  ○階調:16bit In/16bit Out。65,536階調。
  ○イメージタイプ:Grayscale :8bit , 16bit, Color: 24bit Color, 48bit Color
  ○取込寸法(反射モード):310 ×437mm。A3ノビサイズ。
  ○取込寸法(透過モード):309 ×420mm。A3サイズ。
  ○外形寸法:656 ×458 ×158mm(反射モード)
  ○外形寸法:656 ×458 ×190mm(透過モード)
  ○インターフェイス:USB2.0

 ◇モデル
 
  <写真計測用イメージスキャナ
  nanoDigitizer 反射モード>
   商品名/型番:nanoDigitizer
   モデル名:201104A1
  ※納品先が、長野県塩尻ICから250kmを超える場合は、別途送料がかかります。

 <写真計測用イメージスキャナ
  nanoDigitizer 反射/透過モード>
   商品名/型番:nanoDigitizer
   モデル名:201104A2
  ※納品先が、長野県塩尻ICから250kmを超える場合は、別途送料がかかります。

 <写真計測用イメージスキャナ
  nanoDigitizer 透過専用モード>
   商品名/型番:nanoDigitizer
   モデル名:201104A3
  ※納品先が、長野県塩尻IC起点から250kmを超える場合は、別途送料がかかります。

このページのトップへ



 ◇販売期間
  2011年4月12日- 2015年10月2日



●技術資料

技術資料 イメージスキャナの倍率精度と温度依存性

このページのトップへ


写真計測用イメージスキャナ 導入実績

  国内大手精密機器メーカ−1
  国内大手精密機器メーカー2
  国内大手精密機器メーカー3



●販売元

 (1)アイメジャー株式会社 (iMeasure Inc.)
  〒390-0876 長野県松本市開智2-3-33

  Phone> 0263-50-8651 Facsimile > 0263-50-8652
  e-Mail > info@imeasure.co.jp
  Web Site > http://www.imeasure.co.jp



このページのトップへ



●開発担当者・ 共同開発者

◇ 開発担当者 ◇
 アイメジャー株式会社 一ノ瀬

◇ 共同開発者 ◇
 
株式会社プラン 大村、小俣


このページのトップへ


© copyright 2004-2016 iMeasure Inc. All rights reserved. contact: info@imeasure.co.jp